オンテくん オンテックスのこだわり リフォームまるわかり

  • お問い合わせ
  • facebook
  • ONTEX WEB SITE

外装ストーリー

外壁リフォームに適した季節はあるの?

外壁リフォームに適した季節はあるの?

外壁リフォーム工事は年間を通して行うことは可能です。しかし、外壁塗装で使われる塗料は「気温が5度以下」「湿度85%以上」のときは固まりにくいため、あまり向いていません。そのため一般的には、気温が低くなる冬場や湿度が高くなる梅雨の時期は避けたほうがいいと言われています。

ただし冬場でも5度以上が続く南の地域や梅雨がない北海道エリアなどもありますので、一概にそうだとは言えません。

ただし全国で一戸建てユーザーに対してとったアンケートによれば、「6月」が外壁リフォームに一番向いていないという結果が出ています。
その次に、暑さのせいで表面がすぐに乾き泡が生じることがある「夏場(7月、8月)」と、
気温が低いだけでなく日が暮れるのが早く作業時間が短くなる「冬場(12月、1月、2月)」が外壁リフォームに向いていないと答えています。

また、条件的に適している季節でも雨が降ると作業を中断しなければなりません。
そのため一般的には、春か秋の降水量が落ち着いた時期を狙うのが、最も適した季節と言えます。

しかしそこだけを狙うとかなりピンポイントとなってしまい、現実的ではありません。
また、その時期を待っている間にも外壁の劣化が進んでしまうということもあります。

そのため、季節のことをあまり深く考えすぎないほうが良いと思います。
気温が5渡以上で湿度が85%以下というのはあくまで目安にすぎませんから、基本的にはどの季節でも外壁塗装を行うことはできます。

それよりもっと大事なのは、「下地がしっかり乾いてから塗ること」と、「先に塗った塗料が乾いてから重ね塗りすること」です。
それがしっかりできる外壁リフォーム業者を選ぶことがもっとも大事と言えるかもしれません。

外壁塗装に最適な時期や季節を待っていたら、それだけ外壁は経年劣化で痛み、余計な費用がかかってしまうかもしれません。
外壁が劣化していると感じたら、できるだけ早く外壁リフォーム業者に依頼することのほうが重要です。

外装ストーリー一覧へ

この記事も同時に読まれています

  • 外壁選びは街並みとの調和も考えて(調和を考慮した外...

    外壁選びは街並みとの調和も考えて(調和を考慮した外壁材のデザインや色選びのすすめ)

    内装も大事ですが、外から見た時の景観は大事で、 ご自宅に帰られる時、オシャレな家だとつくづくいい家に住んでいるなと思うことがあり...

    詳細を見る
  • リフォーム会社に行く前に リフォーム計画の立て方

    リフォーム会社に行く前に リフォーム計画の立て方

    初めてのリフォーム。うまくいくかどうか、誰もが不安になります。いざリフォームの計画を立て始めても、 聞いたことのない専門用語が出...

    詳細を見る
オンテくん 動画で見る
ONTEX オフィシャルサイト