オンテくん オンテックスのこだわり リフォームまるわかり

  • お問い合わせ
  • facebook
  • ONTEX WEB SITE

外装ストーリー

外壁塗装の種類とそのメリット(外断熱塗装)

外壁塗装の種類とそのメリット(外断熱塗装)

外断熱塗装とはそもそもなんでしょうか?

断熱・遮熱機能に特化した塗料で、屋根や外壁に塗布すれば外からの熱の浸入を防ぎ夏は涼しく、
室内に塗れば冬の暖房熱を外に逃がすことなく暖かい室内環境を作り出すことが出来ます。

魔法瓶を例に取ってみましょう。

コーヒーが冷めないのを不思議に思ったことはありませんか?
魔法瓶の構造は銀色に輝く内層、真空の外郭、密閉栓で構成されています。
銀色に輝く内層は、外へ逃げようとする熱放射を熱いコーヒーの方へ反射する働きをします。
真空の外郭は空気の熱伝導率を活かし熱損失を抑え、密閉栓は熱気の流出を止めます。
建物の断熱・遮熱システムも原理は同じです。

次のようなメリットがあります。

・室内に結露が発生しにくく、カビやダニの被害も抑えられる。
・外気温の変動による躯体の膨張や収縮が少なくなるため、耐久性が高くなる。
・高い熱容量を持つ躯体が断熱材の内側にくるため、室温の変動を抑えることができ、冷暖房効率を高めやすい。

外断熱塗装は建物の外側に断熱層を設け、建物を外気から断熱することで建物内部の蓄熱や
冷気を外に逃がさないようにする方法です。
通常の塗装と違うのは塗膜の中に「中空ビーズ」といったものがたくさん詰まっているため、
それが外から伝わってくる熱を遮断して、室内に影響を与えず室温の上昇を抑えるというカラクリです。

外断熱塗装をすることで、騒音・断熱効果が得られ 室内の湿気・結露・カビの防止にも有効です。
快適な生活を送るために塗装材にもこだわってみてはいかがでしょうか?

今日の塗装会社では技術も発展し、超厚膜の断熱性塗膜でカビ・シロアリの発生を防ぐ塗材や、
優れた断熱効果を発揮する商品があります。
建物の外側(外壁とフラットな屋根面)に断熱塗料を塗ることで、
鉄筋コンクリート造が本来持っている高い蓄熱性を最大限に活かすことができ省エネかつ快適な住環境が実現できます。

一般的に遮熱塗装は太陽熱の反射効果のみですが、断熱塗装には反射効果と断熱効果の二つの性能があります。
その効果は、ひとつの箱をふたつの部屋に仕切り、片方の部屋に熱源を置いてもう片方の部屋の室温を図った実験では、
最大で5度の温度変化があったとう結果もありました。

通常の生活環境では、真夏の状況では屋根裏25℃室内6℃の温度変化になります。
ほかの特徴としては、クラックなどのひびに強く倍以上に伸び縮みする弾性機能や結露に強いなどさまざまなものもあります。
デメリットは塗料が一般なものに比べて高価なこと、肉厚塗装のために施工の手間と時間もかかることが挙げられます。

外装ストーリー一覧へ

この記事も同時に読まれています

  • リフォーム会社に行く前に リフォーム計画の立て方

    リフォーム会社に行く前に リフォーム計画の立て方

    初めてのリフォーム。うまくいくかどうか、誰もが不安になります。いざリフォームの計画を立て始めても、 聞いたことのない専門用語が出...

    詳細を見る
  • 外壁リフォームに適した季節はあるの?

    外壁リフォームに適した季節はあるの?

    外壁リフォーム工事は年間を通して行うことは可能です。しかし、外壁塗装で使われる塗料は「気温が5度以下」「湿度85%以上」のときは固...

    詳細を見る
オンテくん 動画で見る
ONTEX オフィシャルサイト