オンテくん オンテックスのこだわり リフォームまるわかり

  • お問い合わせ
  • facebook
  • ONTEX WEB SITE

外装ストーリー

外壁リフォームはいつになったらすればいい?

外壁リフォームはいつになったらすればいい?

家の外壁は建てたと同時に劣化が始まります。
外壁は毎日、雨風や紫外線を受け、ときには砂埃や雪なども受けるからです。
そのため、新築後、あるいは外壁を塗り替えたり張り替えたりした後、5年が経過した頃には一度、点検することをオススメします。

ただ、5年ぐらいではよほど自然環境が過酷な土地でない限り、たいてい問題はないと思います。しかし7年程経過すると汚れが目立ち始めてきます。

そして10年が経過すると、外壁によってはひびが出始めたり、表面を指でこすると白い粉が付着する「チョーキング現象」が発生したりすることがあります。
また、サイディングにしてもシーリング(コーキング)の劣化が目立ち始めるのが10年経過後ぐらいです。

そのため、新築後、あるいは外壁を塗り替えたり張り替えたりした後、10年が経過したら外壁リフォームの最適な時期だといえます。
しかし、家が建っている場所の環境などによっても左右されますので、10年の経過を待たずにリフォームをする必要がある場合もありますので、5年目の点検は家を長持ちさせるポイントとなります。

では、外壁のリフォームをせずに放っておくと、家はどうなるのでしょうか?15年ぐらいが経過すると、外壁表面の塗膜が劣化し塗装本来の機能が低下します。

そうなると防水効果が低下しているので、家の中に雨や湿気がどんどん侵入することになります。そうなると、内壁材や床材などが腐食してくるようになります。

また、外壁自体がひび割れると共に外壁が反ってきます。そうすると外壁内部が腐食し、外壁自体が崩壊する恐れも出てきます。
コンクリート壁もセメント成分が中性化することで強度を失ってきます。そうなると廃屋のような状態になりますので、リフォームで家を復元することが困難になります。

このように、家に住み続けるためには外壁リフォームは必要不可欠なのです。

外装ストーリー一覧へ

この記事も同時に読まれています

  • 外壁リフォームを失敗させないポイント

    外壁リフォームを失敗させないポイント

    外壁リフォームが終わってから、「失敗した」「見た目が予想と違う」「色がちぐはぐ」と思っても、やり直すわけにはいきません。自分の判断...

    詳細を見る
  • 外壁リフォームに適した季節はあるの?

    外壁リフォームに適した季節はあるの?

    外壁リフォーム工事は年間を通して行うことは可能です。しかし、外壁塗装で使われる塗料は「気温が5度以下」「湿度85%以上」のときは固...

    詳細を見る
オンテくん 動画で見る
ONTEX オフィシャルサイト