オンテくん オンテックスのこだわり リフォームまるわかり

  • お問い合わせ
  • facebook
  • ONTEX WEB SITE

外装ストーリー

こんな症状を見つけたら外壁リフォームを!

こんな症状を見つけたら外壁リフォームを!

外壁が老朽化しているかどうかの判断は難しいものがあります。
そのため、素人目ではなかなか判断をつけることができません。

しかし 、パッと見ただけで分かるものもあります。建物の外壁に下記のような症状が見られたら外壁のリフォームどきかもしれません。

■外壁を手で触ると白い粉が指に付く
外壁を手でこすると白い粉のようなものが付く状態のことを「チョーキング現象」と呼んでおり、外壁が劣化している目安になります。
この現象が発生する理由は、塗装の表面が雨風や太陽光の紫外線、熱などにより塗料の成分の顔料が劣化し、チョークのように粉状になってしまうからです。

この現象が起きたときには、塗料の防水効果が切れてきたということですから、そのまま放っておくと外壁から雨水が浸入して建物自体を傷め、家自体の寿命を縮めてしまうことになります。

なお、この「チョーキング現象」は、窯業系サイディングやモルタル、ALCボードなどで起こりやすいですが、金属サイディングやトタン、羽目板などでは起こらない外壁材もあります。

■シーリング(コーキング)が劣化している
外壁の隙間を埋めるゴム状のものをシーリング(コーキング)と呼んでいます。外壁がサイディングの場合には、サイディングボード一枚ごとのつなぎ目全てにシーリングが使われています。このシーリング(コーキング)はゴム状のものですから、当然年月が経つと劣化してひび割れ、やせ細ってしまいます。そうなると、そこから雨水などが浸入し、家の建物内部を傷める結果となりますので、早めに対応することが重要です。

上記のほか、外壁劣化のサインには、「色があせてくる(暗くなる)」「ツヤが落ちてくる」「塗膜が剥がれ始める」「コケや藻が発生する」「ボードがむき出しになり腐食する」といったことが挙げられます。

いずれにせよ、このような外壁劣化のサインに気づいたら外壁リフォーム会社に相談することが家を長持ちさせる秘訣です。

外装ストーリー一覧へ

この記事も同時に読まれています

  • 外壁塗装の種類とそのメリット(高耐久塗装)

    外壁塗装の種類とそのメリット(高耐久塗装)

    高耐久塗装は一般的に15年以上もつとされるものをいいます。 耐久性と価格から主流に使われているのがシリコン塗料ですが、そのシリコ...

    詳細を見る
  • 外壁リフォームに適した季節はあるの?

    外壁リフォームに適した季節はあるの?

    外壁リフォーム工事は年間を通して行うことは可能です。しかし、外壁塗装で使われる塗料は「気温が5度以下」「湿度85%以上」のときは固...

    詳細を見る
オンテくん 動画で見る
ONTEX オフィシャルサイト